アコムマスターカードは使いやすい?

クレジットカードはポイントが貯まるだけではなくその他にもメリットが色々あります。
アイワイカードなど流通系のものは「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるサービスを定期的に開催しています。
AmericanExpress、DinersClub、JCBなどの国際ブランドでは国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。
会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものにはカラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
一方で、美容や健康面でも充実しているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。
かなり多くの種類のクレジットカードが日常で利用されていますが大半は国際ブランドのマークが印刷されています。
VISAやMasterCard、JCBが一般的ですが国際的に使用することができる心強いアイテムです。
三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業で知名度が高く信頼性も抜群だと思います。
MasterCardはVISAと同様に世界中で利用することができ消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。
JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが海外で利用できる店舗が少ないのが現状です。
現在、電子マネーは種類が多くなってきており我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。
チャージという方法で現金を預けておいて残金の範囲内でショッピングや食事などの支払が可能です。
支払い方法はかざすだけなのでスムーズに会計を済ませることができるため便利ですね。
nanacoチャージをクレジット払いにしてもOKです。
まとめて後から請求が来るキャッシュいらずのカードは調子に乗って買い物してしまうと大変ですが事前に支払が完了しているこのシステムでは心配要りません。
その上、借り入れではないため信用審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。